名言集

岡潔(数学者)

人は極端に何かをやれば、必ず好きになるという性質をもっています。

星野仙一(元プロ野球選手・監督)

「成功」の反対は「失敗」じゃない。
何もしないことだ!

見城徹(幻冬舎社長)

圧倒的努力とは「できる、できない」ではない。
「やるか、やらないか」。

やなせたかし(漫画家)

劣等感はまったくくだらない感情です。
こんなもの捨てるにこしたことはない。

 ~「明日をひらく言葉」より

水木しげる(漫画家)

自分の好きなことをやる。そのために人は生まれてきたのだと私は思っています。
やりがいだとか、充実感といったことをよく耳にしますが結局は自分が好きなことにしか、そういうものは見つからないような気がします。

やりたいことが見つからないと言う人がいますが、まずは自分が好きなことは何かを考えること。小さい頃に熱中したものを思い出すんです。

 ~「人生をいじくり回してはいけない」より

秋元康(作詞家)

人の嫉妬はエネルギーになるんだ。もしそれが好物になってないなら、まだ若いよ

伊能忠敬(商人、測量家)

願望は寝ても覚めても忘れるな。

・・・

そう願う心をどんなに状況が変化しようが、一時も忘れずに心がけていれば、必ず成し遂げられる

星野仙一(元プロ野球選手・監督)

仕事に対して闘争心がないのは生活権を放棄しているという風に僕はとる
それはもう人生を放棄しているといっても過言ではない

田中角栄(政治家)

失敗はイヤというほどしたほうがいい。
そうするとバカでないかぎり、骨身に沁みる。判断力、分別ができてくる。
これが成長の正体だ。

落合博満(元プロ野球、監督)

プロは一生懸命やるのが仕事じゃない 結果を残すのが仕事

高田純次(タレント)

歳とってやってはいけない3つのこと

「説教」「昔話」「自慢話」

 ~TBS『情熱大陸』(2015/7/5)

やなせたかし(漫画家)

お金持ちになれる正しい原則は
良心的なおもしろい仕事をすることです。

  ~「明日をひらく言葉」より

高田純次(タレント)

心が燃える仕事を選びなさいよ。失敗しても大丈夫。いくつになってもやり直しはきく。君がその気になりさえすれば、道はあるから。

立川談志(落語家)

考えりゃ、世の中で金を取ってないやつは贋者だよね。
お茶でも踊りでも、習いに行って「お金は要りませんから」って言われたら、かえって信用しないよね。

 ~『人生、成り行きー立川談志一代記』(新潮文庫)

堀江貴文(投資家)

未来を恐れず、過去にとらわれず、今を生きろ

武田信玄(戦国武将)

一生懸命だと知恵が出る

中途半端だと愚痴が出る

いい加減だと言い訳が出る

水木しげる(漫画家)

<幸福の七カ条>

・成功や栄誉や勝ち負けを目的に、ことを行ってはいけない。

・しないではいられないことをし続けなさい。

・他人との比較ではない、あくまで自分の楽しさを追及すべし。

・好きの力を信じる。

・才能と収入は別、努力は人を裏切ると心得よ。

・怠け者になりなさい。

・目に見えない世界を信じる。

 ~『水木さんの幸福論』(角川文庫)

みうらじゅん(イラストレーター)

自分をなくすほど、我を忘れて夢中になって取り組んでみることです。新しいことはそこから生まれます。

 ~『「ない仕事」の作り方』(文藝春秋)

明石家さんま(お笑い芸人)

満点なんか取らんでええ、満天は星空だけで十分や!

阿部慎之助(プロ野球選手・読売巨人軍)

「誰もやったことがないからできない」では「史上初」なんて言葉は存在しない

チャールズ・チャップリン(俳優、映画監督)

人生に必要なのは、勇気と想像力そして少しばかりのお金だ

堀井雄二(ゲームデザイナー)

人生の主人公はあなたなんだから、あなたを幸せにするのはあなたしかいないから、あなたが主人公で面白い物語をしてください。誰かの人生のわき役じゃないんで。人の目を気にしなくてちゃんと自分で生きればいいんじゃないかと、人と比べたりしなくて

 ~NHK『ドラクエ30th そして新たな伝説へ』(2016/12/29)

陣内智則(お笑い芸人)

逆転というか、起死回生のためには何か動かないと

 ~フジテレビ『陣内智則42歳の挑戦 ~密着LA単独ライブ~』(2016/9/21)

中園ミホ(脚本家)

何かを失ってジタバタしてると、別のモノが手に入る

 ~TBS『サワコの朝』(2016/12/24)

中田英寿(元サッカー選手)

遊びも一生懸命やれば仕事になる

 ~フジテレビ『ボクらの時代』(2015/4/5)

ヒロミ(タレント)

意外と落ちたって思わない。どん底だといっても本当に底だと思っていない。どん底と思わない限りひとは登らない。

 ~フジテレビ『モシモノふたり』(2017/1/11)

映画のセリフ

「人を押しのけず、人の席を奪わず、機会さえあれば貧しいけれど真実な方たちに喜びや望みをお与えなさる、このままのあなたは立派ですもの」

 ~主人公 三沢伊兵衛の妻たよのセリフ  映画『雨あがる』(2000年) 

<ストーリー>

剣の達人である浪人中の伊兵衛、周りの人たちに優しく偉ぶるところがなく非常に好かれている。ふとしたことから逗留中の土地の領主に見初められ仕官寸前までいくものの、つい先日、お金のため賭け試合をし、そのことを咎められ士官の口は断たれてしまう。(逗留していた宿屋の客たちが長雨で足止めを食らい、くさくさしていた中、気分転換を図りごちそうをふるまうために必要なお金だったのだが...)

士官のため、妻と二人また旅路につくことになってしまったが、その旅の道中、たよが夫の伊兵衛のことを評した一言である。

タモリ(タレント)

人生に勝敗なんてないし、どっちがいいとか悪いとか、そんな判定みたいなことなんてどうでもいいんだ。大切なこと、それは引きずらないことだ。乾杯すればそれで仲良し。やったことはすぐ忘れる。それが大事。人間なんて、そんなものだ

 ~『スポニチ』記事(2017/1/1)

王貞治(元プロ野球選手、監督)

努力は必ず報われる。もし報われない努力があるのならば、それはまだ努力と呼べない。

スポンサーリンク

フォローする

トップへ戻る